永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛と聞くと『綺麗な肌になって手入れが楽だけど、体に悪い』という印象をお持ちの方も多いようです。しかし、そんなことはありません。そもそも永久脱毛とは、お医者さんがいる医療機関で行われる脱毛に対し、ずっとムダ毛が生えてこなくなるような施術にのみ使える呼称。もともとのクオリティが高い脱毛のことなので、肌トラブルなども極めて少ないのです。皮膚ガンにならないの?と心配される方もいるようですが、皮膚ガンを巻き起こす紫外線とは全く別の赤外線に近いレーザーを使って脱毛するので安心してください、と日本医学脱毛協会も声明を出しています。副作用や病気の心配も極めて少ないので、安心して取り組んでくださいね。

永久脱毛による副作用

脱毛クリニックやサロンなどで永久脱毛を受けた場合、副作用は何のでしょうか。レーザーや光脱毛は皮膚表面の3~4ミリ程度で体の深くにまでは照射されませんので皮膚がんの心配もありませんし、内臓にも悪影響がありませんので、基本的に心配はいりません。ただし、光脱毛で起こる可能性がある副作用は火傷、赤み、その他毛が太くなったり、汗の量が増えたりする可能性が有ります。また、レーザーで施術を受けた場合にも一時的に肌の炎症や腫れ、ニキビの様な毛膿炎色素沈着によるシミを起こす可能性が有ります。ただし施術には冷却ジェルを使用するなど、肌へのダメージが極力少なくなすような処置を施してもらえます。万が一炎症等が起きた場合にもクリニックで正しい処置を受けること出来ますので、安心して施術することが出来ると言えるでしょう。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛後に汗の量が多くなったという内容の口コミを見かけたことはありませんか?特に、脇の下の脱毛によりワキ汗の量が増えるという症状が出やすいようです。しかし、そうした悩みは勘違いであることが多いと考えられます。というのは、レーザー脱毛が発汗の刺激となり一時的に汗の量が増える可能性はありますが、恒常的に汗の量が増えるわけではないからです。ただし、一時的な汗の量の増加を意識し過ぎてしまうと、精神性発汗につながる可能性はあるようです。また、レーザー脱毛の副作用としてワキガを心配する方もいますが、汗の量が増えるわけではないので、ワキガが引き起こされるケースも少ないと考えられます。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛とは医療レーザー脱毛のことを指し、医療機関のみで使用が許可されています。レーザーという言葉から「体に悪いのではないか」というイメージがあり、皮膚ガンや内蔵の病気を懸念されることもありますが、実際は全く影響ありません。医療レーザー脱毛は皮膚表面から3~4ミリの深さまでしか到達しないため、血管や内蔵を壊すようなものではないのです。しかし、敏感肌の方やアトピー肌の方などもともと皮膚が弱い場合には、永久脱毛により肌トラブルが引き起こされることも考えられます。例えば、皮膚が熱を持ち赤みを帯びたり、いつもより乾燥したり、火傷状態になることもありますが、きちんとしたカウンセリングを行うことで十分に防ぐことができます。

永久脱毛 長崎 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です